計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

TOP > セミナー >COMSOL Multiphysics 腐食解析セミナー【開催済み】

COMSOL Multiphysics 腐食解析セミナー【開催済み】

2021.04.09 COMSOLセミナー オンライン(ライブ)

セミナー概要およびタイムテーブル

13:30 - 13:35 挨拶
13:35-14:20(Q&Aを含む)

1:これからはじめる腐食解析

COMSOL腐食モジュールによる腐食解析の基礎理論の紹介および操作演習を行います。電気化学モデルとCOMSOL腐食モジュールの操作演習入門レベルをご理解頂ける内容となっております。

講義終了後、Q&Aを行います。

キーワード:腐食の解析、電気化学モデル、操作演習入門、COMSOL Multiphysics

14:20-14:30 休憩 (10分)
14:30-15:15(Q&Aを含む)

2:腐食モジュールの解析機能について

COMSOL腐食モジュールの解析機能について詳しくご紹介致します。電流密度分布の種類と適用範囲、高導電性多孔質電極および電極反応式の設定、溶液中の平衡反応などデモを交えて概要を紹介致します。

講義終了後、Q&Aを行います。

キーワード:腐食の高度解析、電流密度分布、高導電性多孔質電極、平衡反応、操作演習

15:15-15:25 休憩 (10分)
15:25-16:10(Q&Aを含む)

3:腐食モジュール利用の勘所

COMSOL腐食モジュールの活用方法をご紹介します。COMSOLの「化学」インターフェースを用いて、溶液中の平衡反応式を直接的に導入する3次電流密度分布の計算、腐食による金属表面形状変化の解析手法、ALE法、Level-set 法およびPhase-field法などデモを交えて紹介致します。

講義終了後、Q&Aを行います。

キーワード:腐食モジュール活用、平衡反応式、3次電流密度分布、金属表面形状変化、操作演習

 

参加特典

本セミナーご参加の皆様に特典といたしまして下記をプレゼントいたします。

①COMSOL Multiphysics Ver5.6 トライアルライセンス


②電極変形を伴う間隙腐食 (Ver5.5).pdf

 COMSOLモデルファイル:電極変形を伴う間隙腐食.mph


③COMSOL Conference 2019 Tokyo

日本原子力開発機構 山本正弘 先生・弊社技術部 トン・リチュ発表

「 COMSOL Multiphysicsによる腐⾷解析:すきま腐⾷のモデリング」

・発表ポスター

・COMSOLモデルファイルのmphファイル

・モデル作成手順書

・説明資料


④COMSOL Conference 2020 BOSTON

日本原子力開発機構 山本正弘 先生・弊社技術部 トン・リチュ発表

 「Change of Chemical Species with Progress of Crevice Corrosion」

・日本語説明資料

 

注意点

所要時間 160分
受講環境 zoom または Microsoft Teams
定員 80名 ※増枠の可能性あり
申込期限 2021年4月2日(金) 17:00 まで
参加費 無料
備考

資料などにつきましては、mailmag@kesco.co.jp から送付いたします。

※迷惑メールフォルダーに振り分けられることがあります。お手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

 

開催時間 13:30
開催場所 オンライン(ライブ)

キーワードで検索

条件で検索

分野/業界

目的

開催場所