計測と制御とCAEソフトウェアの計測エンジニアリングシステム株式会社

受付時間|9:00~18:00

03-5282-7040

お問い合わせ

TOP > セミナー >次世代のナノ・マイクロ工学設計のためのシミュレーション入門セミナー【開催予定】

次世代のナノ・マイクロ工学設計のためのシミュレーション入門セミナー【開催予定】

2021.06.25 COMSOL外部講師セミナー オンライン(ライブ)

セミナー概要およびタイムテーブル

13:30 - 15:30 (Q&A含む)

COMSOLを活用したナノ・マイクロ工学に基づく
細胞アッセイデバイス開発の入門

京都大学 平井義和 先生

マイクロ流体技術とヒト由来細胞を使って体内を再現する「臓器チップ」が注目され、新しい医薬品や化粧品の開発、また病気の原因を解明する実験への応用が期待されている。これらのデバイス開発では、ナノ・マイクロ工学に基づいた設計・解析により、流体チップ内に体内の環境を「つくる」アクチュエータや、近年のトレンドであるチップ内の様子を「はかる」センサの実装を進めることが重要となる。

本セミナーでは、複数の臓器組織を血管様のマイクロ流路で連結した生体モデル(ボディ・オン・チップ)の研究開発を例にして、高度な生体模倣システムを構築するために求められるデバイス構造、センサ・アクチュエータの設計・解析と実証結果について紹介する。
また、オルガノイドやがん細胞を取り扱う細胞アッセイデバイスの構造設計や実験結果の解析にCOMSOLを応用した研究についても紹介する。

※1部30分の3部構成となります。
 各部間に10分程度のQ&Aを設けております。

 

15:30 - 15:40 休憩(10分間)
15:40 - 17:00 (Q&A含む)

マイクロ工学プロセス設計のためのシミュレーション活用

計測エンジニアリングシステム株式会社 技術部 福川真

マイクロ工学プロセスはそのスケール特性を活かし、ボディ・オン・チップ、ラボ・オン・チップ、マイクロ化学プラントへの応用が進められており、生物・医薬・化学分野において特に注目されている。
マイクロ工学プロセスは従来型のマクロスケールの流体デバイスとは異なる特性を示し、かつそのシステムの構築には多重物理が関与することから、多重物理を扱うことが可能な数値解析ソフトウェアであるCOMSOL Multiphysics®が有効である。

本セミナーでは、COMSOL Multiphysics®におけるマイクロ工学プロセス関連の解析事例を紹介するとともに、具体的なモデリングのデモンストレーションを実施することで、数値解析を用いたマイクロ工学プロセス設計をお考えの方々に
COMSOLMultiphysics®の有用性を体感してもらう。


・紹介する事例の工学分野: マイクロミキサ、マイクロ流路、マイクロリアクタ、マイクロプラント、 センサー、生物医薬関連の物質輸送・化学反応など


・関連する主な物理分野: 流体力学、化学工学(輸送現象)、電気化学、化学反応、伝熱工学、電磁気、MEMSなど

 

講師

京都大学 平井義和 先生

ご経歴

2013/5~現在 京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻 助教
2014/8~2017/3 京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 連携助教
2009/4 京都大学先端医工学研究ユニット 特定助教
2007/4 京都大学大学院工学研究科 研究員
2007/3 京都大学大学院工学研究科機械工学専攻 修了 博士(工学)取得
2004/3 立命館大学理工学研究科物質理工学専攻博士前期課程 修了
2002/3 立命館大学理工学部機械工学科 卒業

セミナー背景

この度、講師をお願いした京都大学 平井先生は、(1)複数の体組織を単一チップに搭載して生体外で再現するためのデバイス技術「Body on a Chip(ボディ・オン・チップ) 」の開発、(2)生体外モデルデバイスの細胞代謝リアルタイムモニタリング技術に関する日独共同研究、(3) 当該マイクロ流体技術を用いた次世代3次元組織工学の創成、(4) 更に、絶滅危惧種を救うための生体外モデル開発など、多彩な研究成果を上げており、先生が所属されているナノ・マイクロシステム工学研究室は、これらの分野において、日本で最も進んでいる研究室の一つとして知られております。
また先生はCOMSOLを活用しながら、これら技術についての新規参入への啓蒙活動とともに、他大学との共同研究や産学連携なども積極的に進められていらっしゃいます。

こんな方におすすめ

・医療機器
・製薬企業
・医療検査企業
・化粧品メーカー
・遺伝子関連企業
・健康食品メーカー
・石鹸洗剤メーカー
・企業との連携大学

セミナーキーワード

マイクロ流路、ヒト由来細胞、体内再現、臓器チップ、医薬品、化粧品、病気原因の解明、デバイス開発、iPS細胞、創薬、MEMS

Information

所要時間 210分
受講環境 Microsoft Teams
定員 80名 ※増枠の可能性あり
申込期限 2021年6月18日(金) 17:00 まで
参加費 無料
備考

資料などにつきましては、mailmag@kesco.co.jp から
後日、送付いたします。

※迷惑メールフォルダーに振り分けられることがあります。
  お手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

 

開催時間 13:30
開催場所 オンライン(ライブ)

以下のフォームからお申込みいただけます

※メールアドレスは、所属機関や大学でご利用中のアドレスをご入力ください。
※yahoo, Gmailなどのフリーメールはご遠慮ください。
※学生の方は、研究室名、研究室URLをご入力頂き、役職欄に「学生」とご入力をお願いいたします。

お名前(漢字)(必須)
フリガナ(必須)
会社名/組織名(必須)
部署名/所属名/研究室名(必須)
役職/肩書
郵便番号(必須)
ご住所(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)
所属研究室URL

キーワードで検索

条件で検索

分野/業界

目的

開催場所